ひまつぶし釣行

アクセスカウンタ

zoom RSS シーバス釣行20170107−08

<<   作成日時 : 2017/01/07 20:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

第187回 本年(2017)初ゲット(小さいけど)

長い冬休みまだ3日もあるのか?、いい加減ひますぎです。ということで、葛西臨海公園にシーバスフィッシングに行ってきました。プールトラウトの1日目の予選はどうだったんだろう、きのうのしらこばとのプールには競技時用のラインがなかったような気がしたけど、結果を見ようとさいたま水上公園のHPを見るとまだ出てない。でも2回目の予選が定員に達したと出ていたので開催はしてたようだ。
朝、10時すぎに出発して11時過ぎに到着し、公園近くのNEWDAYSで昼食などを買って渚橋に向かった。潮回りが19時頃まで下がるので潮位の高いうちに釣査したい。
●葛西臨海公園
画像


画像


確率的に海浜公園荒川か、と渚橋を渡り荒川に向かった。近くでタックルの用意をして、タモ網(ネット50cm枠)、竿(ロッド:クロスビート8.64ft)、リール(コンプレックスBB)、ライン(ナイロン1.5号クリアー+リーダーフロロ3号)、ルアーは、潮位が高いうちはツルギヤバイブピンクで、あとその代わりとして買ってみたメジャークラフト ルアー JP ジグパラ ブレード マイクロ系 ブレード5gを試用してみるつもりだ。
●ツルギヤバイブとメジャークラフトバイブ
画像


●いろいろ買ってみました
画像


いつもの下流側でキャストをしようと護岸を下りると相変わらず澄み澄みである。これじゃ明るいうちはダメだっぺ(なぜか東北弁)。すぐに、アングラー仲間1名上流付近に入ったが、それまで誰もいな〜い。
キャストして、はじめはロッドを立ててリトリーブで様子をみる。予想どおり無反応。釣り座付近を移動してリトリーブするが状況変わらず、Myポイントは釣れないと納得しました。

少しずつ下流側に移動して探っていくが反応なし。なんか居着きのシーバスはいないようだ。それとも正月休みで富津沖方面(産卵場所と言われている)から帰って来てないか。
最後に最下流、ここなら回遊のシーバス(若者)が来るかも、また、海に近いのでちょっとは水温が高いことを期待したい。日中の太陽にも一番近いところだし。
しばらく粘ってリトリーブするもかすりもしなかった。

ここで、気分転換にツルギヤ代用ルアーのメジャークラフトバイブの登場。フックはシングルに変えてあります。
これで釣れると、持ち手のルアーのラインナップが広がるので非常に助かるといっても、ツルギヤバイブの予備はいっぱいあるけど。ポケットバイブ(マリア)だし、これも(メジャークラフト)だし、メーカーものなのでなくなることはないと思いたい。
メジャークラフトってロッド1本トラウチーノ5ftULを持ってたけど、プールでは硬すぎでnative(自然渓流)向きって感じだった。一番活躍したのは茨城県のマルミフィッシングという管釣場で1kg以上のトラウトしないないというところで、入れ食いになったときかな〜、なつかしい。その後はバス釣りのワッキー用、最近プールでの縦の釣りでアキュラシーが必要な場所で使ってみたいと思っている。

早速キャストして、リトリーブするとバイブはツルギヤより小さい、リトリーブが軽い。でも反応なし。あと、ツルギヤより潜行ラインが浅く、ポケットバイブと同じくらいか?。
潮位が低いとツルギヤバイブは根掛かりが気になるが、これはポケットバイブより重いのでポイントが遠い時はいいかも。めっけものかもしれない。

潮位も下がり続けていてちょうどいい。しばらく使うことにして、少しずつ最初のポイントにまた戻って釣査してみた。最初のポイントに到着したが、成果なし釣れない時期にテストしても結果が出ないか。
さらに、上流側を釣査。釣れな〜い、どうなってるの。疲れたので昼食&休憩にした。ボラはときどき跳ねてる程度で、水も冷たいしダメかな〜、暗くなればもしかしたらだけど夜釣りはやだし。夕マズメの勝負か。

最初のポイントでしばらく撃つことにして、ときどきキャストして「グッ、やばっ」根掛かりと慌ててロッドを立ててルアーを浮かす(つもり)。キャスト直後は回避のしようがないので要注意。

回遊シーバスに絞ってみることにして、キャスト開始。あまり遠投せずピッチをあげるようにした。すると「グン」なに?、反応かしかしそれっきり。少し上流側に移動してキャストやっぱり気のせい。
しばらく、キャスト、リトリーブを繰り返すだけしかもう手はない。15時半の音楽が流れここから16時半までが勝負の時合(この時期の経験から)。

ロッドを立ててリトリーブしているとようやく「グッグー」キタ〜ッ、ゆっくりとぐいぐい引いていてエラ洗いもしないので「マルタかも」と不安に思いながらゆっくり寄せるとシーバス!でした。でも、潮位が下がって水際がちょっと遠い。ここに来たカップルの女の子二人とも、こけたのを見たいたので水際まで行けそうにない。タモを長く伸ばしてランディングして引っ張り上げるとタモ枠が横なってシーバスが出てしまった。しかも、別のフックが網に引っ掛かって非常にやばい状態、バレそうとシーバスを網に押し戻してなんとかゲット(寒いときでよかった、普通は暴れてバレてたかも)。
●本年初ゲット
画像


画像


リリースして2匹目を狙ったが、だいぶ潮位も下がってこのままだとルアーロストの危険性が。気分がいいうちにワームにチェンジして釣査していたら警備の人が来て17時閉園なのでよろしくと言われ終了にした。

臨海公園では、潮位が低いので今日はスル〜で帰路についた。明日も天気が良ければN氏とシーバス釣行です。


翌日、寒い曇り空、午後からは雨らしいがとりあえずちょっと早い出発。そして葛西臨海公園に到着、ひんやりしている。渚橋を渡り遠目に見える風車がグルグル回り荒川の方は風があるのか?。荒川に到着して見るとアングラー一人、N氏と思って向かうと違う。

せっかく来たし、きのうと同じタックルの用意をして、きのうを振り返って考えると魚のバイトの力もなく活性も低かったことから、軽いポケットバイブキャンディーカラーで探ることに。ゆっくりリトリーブして魚が食いつけるようにと考えてみた。

キャストを開始して、北風が吹いているので必要最低限しか飛ばない。潮位も今は高いのでゆっくりリトリーブできる。釣れるとは思えない風の冷たさなので、自分の体温が保てるまでどれくらいかと思いながらの釣査。
少しずつ下流に移動して探ってみたが反応なし。きのう釣れたので多少モチベーションはあるのだが体温がもつかの時間の問題。最下流まで来て反応なし。やっぱりきびしいよ。

また最初のポイントに戻ってキャストするが、リトリーブ中手がかじかんでリールのハンドルを回し損ねる。だんだんと寒さが体に浸透してきたころ、お昼のイエスタデーのメロディーが流れてきた。

だいぶ早いけど、きりがいいので終了です。臨海公園の自販機付き休憩所で昼食にして、新たにホットコーヒーを飲んで帰ります。(何しに来たんだろう)

●公園にも誰もいない
画像


使用ルアー



(その他のカラー)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが師匠、ナイスです👍
ぼんくら
2017/01/07 21:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
シーバス釣行20170107−08 ひまつぶし釣行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる