ひまつぶし釣行

アクセスカウンタ

zoom RSS シーバス釣行20170218−19

<<   作成日時 : 2017/02/18 21:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

第194回 だめ〜っす(ボーズ5→6)

全く釣れる気がしないシーバスフィッシングに葛西臨海公園へ行ってきました。きのう春一番が吹いて、少しはよい兆候にと期待したが、今日は寒くて、くもり模様の天気と真冬に戻ってしまいました。家を少し早い9時半に出発して、途中昼食を買って11時ごろ葛西臨海公園に到着。
●葛西臨海公園
画像


画像


潮回りの関係でたぶん海浜公園水路の心中ポイントは水没しているだろうと、臨海公園水路から釣査をスタートすることにした。
近くの芝生広場でタックルの用意をして、タモ網(ネット50cm枠)、竿(ロッド:クロスビート8.64ft)、リール(コンプレックスBB)、ライン(ナイロン1.5号ミストラル+リーダーフロロ2号)、ルアーは、ワームでシンカー1号でナス0.5×2の房掛け。シンカーを2つ付けてクラッカーボールのように音でアピールするつもりである…。ネタがなくてね〜、あ〜虚しい。
とりあえず、水路の渚橋よりから荒川方面に探っていく。
●ジュリアリグ(0.5号×2)
画像


水路は多少濁りがあるが、水色がいまいちでサラサラしてなくドロって感じで江戸川河口で掘削工事をしているせいか。手前には、マイクロベイトがいるみたいで、ときどき大型魚のモジリのような波紋がうかがえるのでちょっと期待したい。
対岸の荒川角付近にN氏らしき人影が見えるが、しばらく臨海側で釣査して午後くらいからN氏と合流しに海浜公園に移動という予定。
若洲方面の風車は北西よりの風でグルグル、寒そうであんまり海浜公園側には行きたくないけど。

一方、釣査の方は相変わらず反応なし、きょうもダメっぽい。もう少し遠目狙いということでシンカー0.8×2に変更。しかし、根掛かりロストすると、今回のように2つシンカーは損害がデカイような気になってしまう。でも、リトリーブ的には抵抗感が増して気持ち良く巻けたけど。
●きららリグ(0.8号×2)
画像


懲りずにおバカな命名リグを修正して釣査続行するが、反応なし困った〜。しばらくして、久しぶりに青年君に会ったが、今日は家族サービスで釣りではないそうだ。
そして、また釣査続行するもまだ反応なし。そろそろ、お腹も空いたことだしN氏のいる海浜公園に移動を決意、あ〜お腹すいた。

海浜公園に移動するとN氏も水路側にいてすぐ合流。「釣れないね」と挨拶して昼食を兼ねて心中ポイントに向かった。

さて、海浜公園釣査再開ということで、足下にアイスグライバー(スパイク)をつけて水路に下りた。
釣れるかな〜とキャスト再開。しばらくキャストに集中してみたが反応は皆無。レンジも上中下と丁寧に探ってるけど魚いないのか?。
気晴らしにラバラバイブを投入するも不発で、またワームに戻す。シンカーを軽くしたりとしてみたがそのまま。

その後、そのままの展開で警備の人が来て閉園。N氏は荒川の方に行ってしまったのでお先に臨海公園の水路(最初に釣査した場所)に戻ってみた。
しばらくしてN氏もやってきて、N氏は荒川方面に向かい、自分は最初の続きということで暗くなるまで釣査。今日もまたボーズで終了にした。


翌日、

疲れのせいかちょっと寝坊。ということで、天気もいいし葛西臨海公園にリベンジすることに決定。今はまだ風が強いが、風予報では午後からはしだいに収まるらしい。

で、10時に出発して11時過ぎに葛西臨海公園に到着。昼食買ってきのうと同じ臨海水路に向かった。
画像


タックルの用意も済んで水路際に立つ。ちょうどきのうのスタート同じ潮位で、水模様は澄んでいるが、西風がまだ強く横風であるが風は冷たく感じないし陽射しも暖かい。今のリグは、きららりぐ0.8×2のシンカーである。早速、渚橋よりから探っていく。

う〜ん、反応ないのは当然として、これがいつまで続くのか、去年だと3月いっぱいだったような。と思いながらどんどん荒川方向に移動していく。やっぱり水が冷たすぎか?、リトリーブして返って来るワームがひんやり冷たいけど。
とうとう水路の荒川端まで来たが反応はぜんぜんなかった。荒川よりの方が濁りがあって良さげに思えたが反応は出なかった。また、いつもの渚橋よりに戻ることにした。

あまりに釣れなさそうなので、近くのテーブルで昼食にしながら、このあとの対策を考える(大げさ)が、結局どうしようもないということで、しばらく続行して海浜公園の心中ポイントに移動することにした。

風もだんだんと収まり、潮位も下がって、対岸のテラス部分が干上がったようなので海浜公園に移動。まず、足下にスパイクを付けて水路際に下りる。こっちも澄み澄み。しばらくキャストしたがこっちも反応なし。移動したいところだが足下がスパイクでもツルツルなので移動範囲が限られる。スパイクもつま先と土踏まずの間の部分にきつめに装着したので足がしびれて(スキー靴の履きたての感じ)、動くのがつらい。でも、できる範囲で移動したが反応は出ない。

最後の時間帯には、バイブレーションなども使って、ひたすらにキャストしたがどうしようもない状態だし。普通は1回ぐらい心が躍るアクシデント?やシーバスが追ってくることがあるもんだが、今年はぜんぜんのようだ。

結局、また閉園時間になり、今日はこれで終了、また来週かな?(やる気が起きない)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シーバス釣行20170218−19 ひまつぶし釣行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる