ひまつぶし釣行

アクセスカウンタ

zoom RSS シーバス釣行20170429

<<   作成日時 : 2017/04/29 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第211回 きびしい状況だけど1ゲット

今日からGウィーク。このGウィークは、どこも混んでいて釣果に限っては毎年いまいち、しかし、家にいても無駄なコストがかかるので釣行外出するのが一番ということで、まずは葛西臨海公園にシーバス釣行することにした。

今日は、ど干潮(ソコリ)が13時くらいで潮位も今年一番の低さ(印象です)、加えて、前日のN氏メールによれば風が強くなるらしい。そうなると1日中海浜公園側テラスの心中ポイントで釣査ということになり、ロッドを長めと短めどっちにするか迷ったが今日は長めをチョイスした(気分です)。
自分は毎度の殿様出行ということで9時半に出発、11時に葛西臨海公園に到着。近くのNEWDAYSで昼食、水分を買って渚橋に向かった。人出はそれなりに多いように感じる。
●葛西臨海公園
画像


画像


渚橋を渡って心中ポイントに向かうとそこにN氏がいた。さっそく声をかけると釣査を中断して上の芝生地にN氏が来てくれた。挨拶がてら釣況を聞いたがほとんど天気の話でそのうちに予想どおり南風が強く吹き出した。話をしながらタックルの用意をして、タモ網(ネット50cm枠)、竿(ロッド:クロスビート864TML)、リール(コンプレックスBB)、ライン(PE0.6号イエロー+リーダーフロロ3号)、ルアーは、メジャークラフト ルアー JP ジグパラ ブレード5.0gのピンクシルバーといつものメニューである。

準備も終わって自分は心中ポイントに下りて、N氏は渚橋寄りに移動してくれた。今日はシーバスアングラーはほとんどいないみたいである。
とりあえず心中ポイントど真ん中付近から釣査を開始。風は南強風になってしまったが追い風で問題なし、潮位も今のところ問題なし。キャスト&リトリーブを続けるがやっぱり反応なし。反応がなくても突然ヒットすることもあるが時期的にまだまだきびしいはず。しばらくやっても反応がないので下流に移動。ここでも反応やヒットなし。次は上流側に…ここもダメか。

ならば、杭のあるところまで下流方向に移動したがどこも反応なし。魚がいないのか?、また、最初の心中ポイント付近に戻ってみたが一向に反応が出そうにない。そうしているうちにみるみる潮位が下がり水際から数メールまで底が見えるほど浅くなってしまった。
心中ポイントの中でそこそこ深そうな所を選んで、ルアーをバイブレーションからワームにチェンジ、シンカー0.8号。まず、昼食にして、それでソコリが過ぎるまで時間つぶし。昼食後たぶんダメだと思うが沖目にワームをキャストしていろいろなアクション入れながら探ってみる。やっぱり釣れないか〜、一回だけ「コツン」ってワームがズレていただけ。

やっと潮位が上げに転じて潮位がわずかに上がってきた。ワームを最初に使っていたバイブレーションに戻している頃、ようやくシーバスアングラーもだんだんと増えてきた。
でも反応がでないので岸寄りにキャスト。すると「ガン!」とヒット〜と思ったら根掛かりでした(書き方がわざとらしいですけど)。簡単に外れると思ったらリーダーからプッツン、あ゛〜あ。

同重さのシルバーに取り替えて釣査再開。潮位の上がり方もだんだん速くなり、心中ポイントで一番高いゴロタ岩に移動して、最後のキャストを繰り返すがそのまま。反応もなく心中ポイント水没で撤退。

すでに16時を回ってたので今から荒川には行く気もせず、渚橋詰め付近に移動した。途中、N氏がいたので声をかけてみると物足りないけどチビをゲットらしい。渚橋詰でキャストしていたが魚っ気がないらしいので臨海公園側に移動することにした。N氏も臨海公園側に来るということで一緒に移動。途中、自分は自販機休憩所でコーヒー飲んで一休み。

一休みが終わって、二人で水路渚橋寄りからスタート。まず、ルアーを5gから強風対策で用意しておいた7gバイブレーション、ブルーシルバー(要はイワシカラー)にチェンジ。
釣査を再開すると、N氏はどんどん荒川側にテクトロするかのように移動して行った。ルアーを2g重くしただけでもだいぶキャスト&リトリーブがやりやすくなったのであとは魚次第というところである。しばらく反応がなく今日もダメかと思っていると「グン」ってバイト?、あきらかに何がロッドティップを引っ張る反応である。でもどうしてヒットしないのか、そういう日なのか今日はと、再度その反応のあった付近にキャストするがそれっきりであった。

ボトム付近での反応だったので、ルアー着底させてからリトリーブすることにして、そして数投目。キャストしてルアーをボトムにフォーリングしてリトリーブすると「?」、何らや「グイグイ」と引いている。「よし、ヒット〜」、慎重に寄せていると、いや少し焦っていたのか、しばらくして「フッ、バレた〜」脱力状態。どうしてここでバレるかな〜、また最近バレが多くなってきた気がするけど。
気を取り直して、キャストに励むがもう反応が途絶えた。そのうち、黒い雲がかかってきて風が西〜北風に変わり、しかも突風。雷が出そうと判断してあずま屋に退避。N氏もこの突風に参ったらしく、あずま屋で合流。黒い雲が去り風も少し弱まったということでラスト釣査ということで水路に戻った。

さっきヒットのあった場所が忘れられずしばらく取り憑かれ、ようやく吹っ切れて今度は下流方向にキャストしてリトリーブ。「グイー、グイー」とヒット、「やった〜」と意外に引くので良型か?、慎重に寄せてようやく1号ゲット。今度は違った意味での脱力状態、よかった〜、けど思ったより小さかった。
●1号シーバス
画像


N氏も戻ってきて「よかったじゃん」と祝辞をいただき、無事に今日は終了となった。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シーバス釣行20170429 ひまつぶし釣行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる