ひまつぶし釣行

アクセスカウンタ

zoom RSS シーバス釣行20170503−04(1)

<<   作成日時 : 2017/05/03 21:07   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

第213回 きびしい状況だけど2ゲット→1ゲット(+スレ)

今日からGウィーク後半(テレビのニュースで言っていた)らしいが、今度こそどこも混んでいてまた釣行断念と引き返すハメになりかねないので無難な葛西臨海公園にシーバス釣行を選んだ。
今日は、小潮で干潮(ソコリ)でもそこそこ潮位があるようだが、心中ポイントがいつ頃から干上がるのかが問題。心中ポイントに長く居られるならボーズはないと思うけど最近は良くないのかな〜。
いつものように9時半頃出発、途中で昼食買って、11時頃に葛西臨海公園に到着。駅を出ると風がすげ〜強い?じゃん。
●葛西臨海公園
画像


とりあえず今日は、臨海公園側水路で釣査して、海浜公園側の心中ポイントは臨海公園での釣査の様子を見てから移動することにした。なので、まず臨海公園水路に向かった。水路の釣査スタート付近の芝生広場でタックルの用意をした。
タモ網(ネット50cm枠)、竿(ロッド:クロスビート864TML)、リール(コンプレックスBB)、ライン(PE0.6号イエロー+リーダーフロロ3号)、ルアーは、メジャークラフト ルアー JP ジグパラ ブレード7.0gのイワシカラー。意外に強い南風を考慮したわけである。

準備も終わって水路のスタートポイントに。カニ釣りファミリーが今日も多いのでカニ釣りファミリーが少なる切れ目から荒川方向にスタートである。しかし、南風がハンパでなく強い。水路にはシーバスアングラーはいない、荒川方向の傾斜護岸はチラホラと等間隔に数名見える。この時間なので朝方は賑わっていたのかな。

キャスト〜、前回の夕マズメ風が強かったがそれよりもルアーが飛ばない。風も海から吹いてくるが冷たく感じる。しばらくキャストして反応ないので少し移動。移動する方向にさらにカニ釣りファミリーが増えて移動する場所が限られてきたようだ。でもポイントには移動できたのだが反応は全然ない。

潮位が次第に下がってきて、お昼頃には対岸の海浜公園心中ポイントに行けそうな感じであるが、最近好調の臨海側で結果を出して、気分良く心中ポイントに行きたいものだ。しかし、期待もむなしく、ルアーが根掛かりそうになり、も〜ダメで移動することに。心中ポイントはなんとかスニーカーでも行けそうのようだ。

渚橋を渡り、釣り場の写真を忘れていたので「カシャ」、逆光で液晶画面のファインダーが全然見れない。
画像


心中ポイントには、アングラーが1名上流部分にいたので下流側に入った。潮位も下がったばかりなので、先にシーバスが釣られてることもないはずで釣れなきゃ、言い訳しようがないでしょう。ルアーは5gのシルバーにチェンジして(ピンクは卸したてなので以前使ったものから)使用というセコイ理由だけど。鉄板系のバブレーションってすぐ傷がついたり塗装が剥がれたりするけど安物ばかり使ってるからか?。

しばらく、キャストを続け釣れね〜なと思っていると「グッグーン」釣れた!、じゃなくてヒット〜、引きは強い、低いエラ洗いのときにフッキングしたつもりで、少し魚との引きを楽しんでから無事ネットイン。今日もサイズが少し小さいかな〜。
●1号シーバス
画像

写真撮ってリリースして、釣査再開するも2匹目の反応はないか。やっぱりシーバスの群れが薄いのかな。

少し上流側に移動してみる。しばらくして、トゥイッチの誘いを多めに入れてリトリーブしていると、手前の最後のトゥイッチで「ガンッ」とヒット。すぐに魚が水面をバシャバシャって引きずられてくるチビシーバスであった。めずらしくリアにフッキングしていてネットインでルアーが外れた。あぶなかった〜。
●2号シーバス
画像

写真を撮っていると、ちょうど近くでBBQしていたところのお子ちゃまたちに捕まって、触らせろ!だの言うので触らせてあげたら、今度は早くに逃せ!、とうるさいのでリリース(何なんでしょうね?)。

その後、遅い昼食にして釣査を再開するが沖目で小さい反応があっただけ。
やがて潮位がだいぶ下がってからは、沖目もど近目もうんともすんとも反応がなくなり、周囲を少し離れて移動してみたがどこもダメでした。

相変わらず冷たい南風が強く吹き、だんだん寒く感じられるようになり17時まで心中ポイントで頑張って、休みもまだいっぱいあるし今日はこの辺で終了にした。アングラーも誰もいくなったし。
画像

今日もこんな感じなので、ボーズ再来の日も近いかも。




翌日

今日も朝から風が強いみたい。バス釣りか、シーバス釣りかの2つの選択だけど車釣行はちょっと…、今日も葛西臨海公園にシーバスフッシングでいいでしょう。きのうの状況からそろそろヤバそうな気がするけど釣りはやってみないとわからない。

きのうよりちょっと早い出発、最寄り駅付近で買い物してから駅に、でも結局きのうと同じ京葉線に乗ることになった。10時台って極端に電車の発車時間が離れてるよな〜。それで11時頃葛西臨海公園駅に到着、駅は公園に行く人で溢れかえっている。
潮位の関係からきのうと同じプランで臨海公園水路に向かう。水路近くの芝生広場に2つあるテーブルベンチはどちらも使われていて、ベンチだけのところでタックルの用意をする。タックルはきのうと同じ。やはり南風が強いので7gイワシカラーバイブをチョイス。

水路に行くときのう以上のカニ釣りファミリーがすでにいる。しかし、カニ釣り密度が濃い感じで、広がりはきのうと同じような感じである。カニ釣りもポイントがあるのか。

今日は、とりあえず空いてる場所から釣査開始である。キャスト重ねていき、たまにルアーがキャスト空中でバタバダとバイブして失速していくミスキャスト?が非常に多い。また、このバイブレーションルアーは、フックをシングルに変えたせいかフォールリングで頭が重いらしくリアフックがラインにからんでこれまたミスキャストが多い。

今日も臨海側は反応もなく予想通りか、普段なら釣れそうな水路のコンディションだが、大型連休で船舶の通行、水あそびの人出が多く騒々しいのか、先週、きのうと単発的ヒットと狙って釣れそうな気はしない。しかも、天気もピーカンで陽射しが強く、風がなけれな人間様が干上がってしまいそうである。それさえなければ風もさほど冷たくなく、水温も良さそうで濁りも少しありと、水路のコンディションはいいと思うけど。
空いてる場所を移動してみるが未だ反応が出ない状態。

また初めのポイント付近に戻って、キャスト&リトリーブしていると、ついに「グッグーン、ジー」とヒットでドラグがいきなり出ていくけど大物?。ボトムを突っ走ってエラ洗いしない、バタバタバタとの小刻みな感触がロッドから伝わりクロダイ?、しばらく魚に主導権を与えてだんだん浮くのを待つ。少し浮いてきたので応戦、フレキシブルなポンピングで寄せてようやく魚が見えて「ナマズ!(笑)」、さらによく見るとシーバスの尻尾スレでした…、あ゛〜疲れた。
またもそれほど大きくないけどよく引いたもんだ。自分の体力が落ちたのか?、筋トレしないとダメかな〜。
●初スレシーバス
画像


リリースして魚が元気いっぱいだったのでそれほど陽射しも強くないのか。自分はスレ掛かりはノーカウント主義で、この後シーバスが釣れずボーズの時はカウント有りかな〜(🍰甘い)で1号は保留。
でも、スレ掛かりなんて毎年シーバスは2、3回程度で、これもシングルフックの賜物だろう。ルアーフィッシングの最初がプールフィッシングのエリアだったのでとくに気にしなかった。バスもワームしか釣れたことないし。シーバスも最初はワームしか使わなかったのでコストパフォーマンスは良かった。当時ワームでないと今の時代は釣れないと思ってたし(笑)。N氏とシーバスフィッシングをやるようになてN氏がバイブレーションで釣れたので自分もバイブレーションを使いようになったんだっけ。でも、生まれがプールトラウトのエリア出身なのでプールトラウトの練習も兼ねてシングルフックを意図的に使っている。今度、シングルフックのインプレを個人的ネタ中心に書きたいと思う。

またヒット付近で釣査再開して(今日は所定の場所でないのでどこで釣れたか正確にわからなかった)、30分くらい経ったときかな〜「グッグー」とヒット、エラ洗いを待ってるとバレてルアーが飛んできた。そして足元近くの岩に落下して「また傷が増えた」。小さい魚はバレやすいということで吹っ切ろう、つぎ。

その後、潮位も下がっていて逆にモチベーションが上がって、よせばいいのに上流方向からフォーリングしようとしたら「ガツン」、根掛かりで7gイワシカラーバイブロスト、残りはピンク1個になってしまった(7gは強風対策の非常用なので)。しかたなくピンクの卸したてにチェンジして当然ロッドを立てて慎重にリトリーブすことこになった。

それが功を奏したのか「ググッグーン」とヒット、ギューとロッドが曲がり、ドラグも出て良型か?、慎重に寄せるとすぐエラ洗いたので、フッキング(今のところ空中戦は良好)してネットイン、さすがピンク(ピンクが一番釣れる気がする)。
●1号シーバス(スレはノーカウントになりました)
画像


リリースして釣査再開するが潮位がだいぶ下がったみたいで、対岸の海浜公園テラスが干上がったみたいなので移動することにした。

人だらけの渚橋を渡り海浜側に移動、テラス部分は干上がったばっかしのようで心中ポイントに行こうしたら「ツルッ」あぶね〜、ゴロタ岩が乾くまで心中ポイントで一番高い岩の上でおとなしく釣査してることにした。
画像

…反応ないようだ。最近調子悪いよねここ。ゴロタ岩が乾いたので少し下流側に移動。きのうのヒットポイント付近、粘るも反応なし。上流側も同じ。
時間を見ると15時前か〜、時間ありすぎなので遠出してみた。どこもだめだ〜、また心中ポイントに戻る。
この後、暇なのでリトリーブの練習して17時なってようやく沖目で反応がでた。必要にそこを攻めていると「クックー」とバイト(アタリ)があり、待ちきれず体が勝手に反応しアワセてしまったが乗らなかった。しばらく沖目を攻めてみるがもう反応すらなくなり、警備の人が閉園時刻の知らせに来て今日はこれで終了にした。

今日は比較的魚の反応が良かったけど、風が冷たくなかったので水温が高かったのか。自分も一枚長袖のアウターを着ていたからか気にならなかっただけかもしれないけど、風が強く帽子類も着けずに釣りしたので顔がヒリヒリするほど日焼けしたかも。

(3日目につづく)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シーバス釣行20170503−04(1) ひまつぶし釣行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる