シーバス釣行20200530

第475回  バレまくり   5ゲット(葛西臨海公園) 

葛西臨海公園の開園から初の休日が来た。今日は、潮回りはゆっくりとした小潮、どこも釣りにはいいコンディションと思うが、他にも色々な意味もあり葛西臨海公園と決めた。でも、アングラーも多く混んでそうと踏んだが。
10時半頃に葛西臨海公園に到着。そのまま渚橋に向かう。すっかり普段の公園の雰囲気になっていた。渚橋から水路方向を見渡すと潮位は高く心中ポイントは沈没しているので、開園後の初の荒川側に向かった。
●葛西臨海公園
-2.jpg
IMG_20200530_105012.jpg
天気はすごくいいが釣りにはちょっと、南風もそよ風くらいに吹いていて暑さを和らげている。タックルの用意をして、タモ50cm枠、ロッド(リバティC-LP10−240)、リール(ルビアスⅡ)、ラインPEデュエル(DUEL) PEライン アーマード エギング0.6号、リーダーフロロ3号、荒川側で潮位も中間ぐらいなので、ツルギヤバイブ5.5gピンクシングルフックを装着。
そしてMyポイントに向かう。遠目に見てアングラーは少なそうだ😌。Myポイントは「空いてな〜い」、「んっ」どこかで見た人影!N氏でした😳。今日から復活か😊。
近くに行って声をかけてご挨拶、そして旬な話題であるコロナ禍の話と、久しぶりということでだいぶ長話に突入となるが…。

そして、N氏の上流側で釣査スタート。話が長くなっていたので、てっきり釣れないのかと思ったら、今日はまあまあ活性はあり、でもバレも多いとのことだった😅。
早速自分もこの荒川側は久しく釣査してないので、まずロッドを立ててキャスト&リトリーブで様子見。開始そうそう反応が出て「ほんとだ、すぐヒットしそう」とキャスト&リトリーブしていると「ググッー」10キャスト&リトリーブくらいでの待望のヒット😍。
第1号目と慎重に寄せたつもりだが、ネットインの瞬間「ゲッ、バレた」、それを見ていたN氏曰く、それはOKとのことだが、ブログを書く身では写真が…多少欲しい😭。
その後、ほんとよくバイトがあるがなかなかヒットしない、ヒットしてもバレると何か調子が出ない😟。この釣座に見切りをつけて最下流側に移動してみた。

少しキャスト&リトリーブするとすぐに反応があって、「ググッー、グングン」とヒット😍。「今度こそ獲る!」と慎重にランディングして無事1号ゲットに成功😊。やっとホッとできた😌。
●1号シーバス
IMG_20200530_114739.jpg
リリースして、サイズがイマイチと、すぐにキャスト&リトリーブ再開して「ググッー」と2号ヒット😍、これまたネットイン成功😊。とりあえず、今日の釣行は成功かな😉。
●2号シーバス
IMG_20200530_120338.jpg
その後N氏が見にきて話しながらキャスト&リトリーブでまた「ググッーン、グングン」とヒットしたが、話に夢中になっていたのか、こいつはバレたが(もういっぱい釣ってるし)と余裕で見送る😅。

(この後はもうよく覚えていません)が、ほんと今日はよくヒットする。

しかし、その後潮位も下がって来たのか反応のでも減って、ヒットしてもバレるとなかなかゲット数が伸びない😨。
そして、ツルギヤバイブを根掛かってルアーロスト😣とあやしい雲行きに、不貞腐れて休憩&昼食にした😞。
昼食後、リグを直してN氏は水路の方に移動、自分はワームを使ってまだここで粘ることにしたが。
だいぶ、南風が強くなって、まだ下げの途中だが、流れが逆流し始めた。でもキャスト&リトリーブするとワームは今まで通り下流に流れている表層だけ逆流れの二枚潮のようになっていた。そのせいか反応も出なくヒットもないことには変わらないが😓。

ここで、自分も水路方面に移動と行きたいが、潮位はまだちょっと高い気もするので角付近下流側でしばらく釣査してからにした。ここも、同じ感じで反応すらなかった😓。

水路に移動して来て、水曜日に心中ポイントに入ったので今日はN氏に任せて自分は下流側に入ることにした😋。でもまだ潮位が高く、一部干上がっていたとこからスタートした。
この辺り根掛かりがあったような気がしたので、ルアーをとりあえず安かったときに買ったジグパラ7gブルーピンクトリプルフック仕様をチョイス、最初はロッドを立ててのキャスト&リトリーブして根掛かりには注意して再開😃。
しばらくして、比較的手前で「グングン」とロッドが叩かれてヒット😍。慎重に寄せてネットイン。さすがトリプルフック仕様でした😊。
●3号シーバス
IMG_20200530_140914.jpg
その後、N氏もやって来て、また会話中にヒットでもバレ(懲りない人)、なかなかトリプルフックでも厳しい今日。「何でだ〜?」春先からGW頃までは調子が良かったが…。魚が元気すぎるのが原因か、でもエラ洗いとかまだあまりしてないし、もしかしたらラインをナイロンの方がいいかもしれない。
それでもヒットは続いて、何ゲットかは成功してそれなりに満足した😊(もうよく覚えていません)。
●4号シーバス
IMG_20200530_144257.jpg
●5号シーバス
IMG_20200530_150440.jpg
そして、潮位も下がってシーバスも反応も極端に少なくなり、やっとのヒットもバレてしまう😥。
さらに遊漁船ラッシュの後、反応が全くなくったところで上流の心中ポイントに移動😰。

心中ポイントはカニ釣りのグループが居たので、テリトリーの最下流部に入った。水曜日にはヒットがあった釣座である。
しばらくキャスト&リトリーブするもやっと反応が出たけどヒットしない。その後は反応もなく釣座周りをうろちょろと探ってみたがなかなかきびしい感じである😓。潮位も下がってさすがに7gではロストが怖いので5gピンクシングルフックにチェンジ😅。
そうこうしているとやっと「グングン」とヒット。これは時間的に最後と慎重に水際まで寄せたが、またルアーが魚から離れていて「まずい〜」と急に緊張が走ってのランディングになったと思ったら「アッ!」…、ということでタイムアップの終了です😭。

結局5ゲットで大きなバラシは…数えられないくらいでした「あ゛〜あ、残念」😅。
今日は釣査始めは潮位もあってシーバスもまだ居たが、その後もゆっくりとした下げ潮と釣りはしやすく、シーバスも長く居着いていた感じでヒットも多かったが。しかし、食いが浅くバレやすい感じとも受け取ったが…。今日は久々にN氏もいて楽しかったので失敗は忘れよう😊。
●釣果表
スクリーンショット 2020-05-30 20.59.01.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

フィッシュイーター
2020年06月01日 08:56
楽しく釣りができて5匹も釣ったんだから(6匹かN氏説によると)すごく良い日だったのではないでしょうか。フッコ↑のクラスもいるし。ところで例の釣り番組の話ですが今回は面白かった。バス釣りだったんですがフロッグ専門という人が出ていました。ほかのルアー、ワームとかは一切使わずフロッグ専門。面白かったのは下側は白が主体で水面から上の色は何色でもいいということでした。上の色は釣り師のために塗ってあるんだそうです。バスはフロッグのおなかしか見えないのがその理由でした。面白い話でした。
ひまつぶし
2020年06月01日 12:52
>フィッシュイーターさん
>ありがとうございます。
いや~復活しましたねN氏、どうしたのかと少し心配だったのですが相変わらずでした。葛西臨海公園のシーバスはみんなとても体調がいいのか、まるまる太っていてきれいでした。ちょっと元気が良すぎたのは敗因でしたが(笑)。
色覚でいうと海の魚はモノクロで(黒鯛やマグロなど)、真水の魚は人間と同じと釣り雑誌に書いてありました。そもそも色って,シーバスは夜釣りではほぼ見えないはず、バスのトップのルアーはバスが下から見上げるのでほとんど影で色は分かりにくいでしょう。ちなみにフロッグって水面に浮いてる葉などの上を引いて来て、落とす瞬間が勝負なので、ルアーの裏は見えないのがほとんどなのでカラーは必要ないということもあると思います。昔のフロッグって足がすぐにとれちゃって、精神的にショックが大きかったです。