シーバス釣行20200517

第471回  遅出 2ゲット(旧江戸川) 

午前中に所用を済ませてお昼を食べていると暑い〜、ということで涼みついでにシーバスフィッシングに出かけることにした。しかし、すでに13時近いけど釣査時間はざっと4時間くらいか〜、今日の潮回りを調べるとなんと絶好調の「長潮じゃん!」、朝から出発すれば良かったかな(笑)。
東京駅で京葉線ホームに着くと次は快速電車ということで、またも旧江戸川に向かった。14時過ぎ舞浜駅に到着。急いで釣場に向かう😃。
●旧江戸川
-2.jpg
IMG_20200517_155120.jpg
そしてMyポイントがまたも空いていたので今日もここか。見たところ潮位は非常に高いが、もうすぐ遊漁船などの帰還ラッシュでは…、あまりベスト釣査時間ではない気がするが😅。
タックルの用意を始めて、タモ50cm枠、ロッド(リバティC-LP10−240)、リール(ルビアスⅡ)、ラインPE0.8号(デュエル(DUEL) Super X-wire 4)、リーダーフロロ3号、潮位が高いので中華ジグパラ8gナチュラルカラーを使う。持っている中華ジグパラ3色のうちまだ釣果のないナチュラルカラー、人間の好みカラーと魚の好きなカラーって違うのか未だ旧江戸川で魚のヒットなし。
水色は今日も澄んでいるので大丈夫だと思っていたが、まあ、よくよく考えるとこのカラーの魚って…少なくとも河口に居たかな?😅。

釣査をスタートしてキャスト&リトリーブを始めると、流れは下流に普通の川の流れで速い、風も弱いので自由にキャスト&リトリーブできるが流れの影響は必至。さらに潮位が高いので上中かボトムかまだ悩む。
しばらく、ロッドを立てて上中層を探ってみたがボラ当たりだけ。次にボトム付近はほとんど反応が出なかった😓。

しばらくして、遊漁船がぼちぼち帰って来た。波立ってあっという間にマッド濁り、潮位が高いのでシーバスが散らない方に期待したが…。
それよりリュックを一段高いところに移動しおかないと😳。…ぞくぞくと遊漁船が帰って来るが何の影響もなく沈黙状態が続く😥。

このままでは、またボーズということで急いで中華ジグパラ7gピンクに交換して気を引き締める😤。潮位も下がり出して流れもさらに速くなったので、ロッドを倒してボトムリトリーブだと流れにラインが取られて、さらに距離もあるのでルアーがすぐに下流に流されてしまう。そういう時はロッドを立て気味にした方がルアーが自然にリトリーブできるとエリアで学んだ☺️。
しばらくロッドを立ててスロー気味リトリーブしていると「グングングー!」とやっとヒットでも軽いなあ〜😍。しばらくして魚を寄せてみると「よしっ、シーバス!」、でも掛かりが浅い感じがするので慎重にネットイン…成功して1号ゲット😊。
●1号シーバス
IMG_20200517_154410.jpg
リリースして2号を目指すが、ボーズ脱出ということで懸案のナチュラルカラーに再度挑戦😜。

しばらく、ボラ当たりで本命の反応らしいこともなく、ボトム狙いにチェンジ😓。すると「ググッーン」とロッドをひったくられヒット😍、何〜だやっぱり色はあまり関係ないと寄せて来るとフッコサイズの黒っぽいシーバス、1号よりはデカイが、よく見るとまたルアーが口から離れている針掛りが浅く口の外にフック1本じゃ〜、超慎重にネットを出したが「あ゛〜、バレた」とショック😭。できるなら1号と交換したかったくらい😢。

でも時合到来と、キャスト&リトリーブに力が入り、調子のいい本来のロッドを立ててキャスト&リトリーブを続けていると「グングングー!」また小さいがヒット😍。こいつは普通にネットインできた😊。
●2号シーバス
IMG_20200517_163226.jpg
その後、潮位もだいぶ下がってきて、中華ジグパラでは根掛かりが心配になったので、クロダイも視野に入れてジグパラ7gピンクにチェンジ。
流れもだいぶ速くなって中華ジグパラは結構リトリーブが疲れるので、ジグパラの方がちょうど良かった😃。
が、時合はとっくに終了したのか?、ボラ当たりすらなくなった😞。

しばらく、クロダイを狙ってロッドを倒してボトム狙いに徹したが不発😥。最後ということで夕マズメの今、シーバスがゲットできればとロッドを立ててのリトリーブで期待したがくたびれ損なだけでした😢。

そして、もう18時前ということで、今日は終了にした。やっぱり長潮、調子良かったな〜😄。
●釣果表
スクリーンショット 2020-05-17 19.56.43.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

フィッシュイーター
2020年05月18日 09:46
日が伸びたのでこの時間まで楽しめるようになったんですね~。前回のブログでルアーの目が片方とれていたという件ですが、疑似餌で目というのは最も大事な部分なのでは?まあ水が濁っていたり夜だったりすると目があろうとなかろうと関係ないのかもしれませんし第一ワームには目がないしエサ釣りだったら切り身とか使うから関係ないのかな~?ルアーにクリっとした目を付ける理由は魚に対してというよりもアングラーにアピールするためなんでしょうか?ルアーを追いかけてくる魚とワーム、切り身を追いかけてくる魚とでは捕食する心理が違うんでしょうかね・・・魚に心理はないかww
ひまつぶし
2020年05月18日 13:42
>フィッシュイーターさん
>ありがとうございます。確かにそうですね、ミノー系のワームでも目はないのもあります。
それとワームって釣れなかったりして結構残って家に溜まります(困)。ふと、思ったのですが、「グミ」というゼリー菓子があるのですが、それでワームをつくれば、余った時はお酒のおつまみになる?ので一石二鳥では。当然味はさきいか、ツナ味など乾きもの系で。もしかして魚にも大好評だったりして…おっと、そじゃエサですね(笑)。