シーバス釣行20200627

第482回  暑い〜 水路側不発 1ゲット(葛西臨海公園) 

もうすっかり夏、大雨が降ってないと暑くてしょうがない。でも、まだ今年は一度も冷房なしで過ごしている(扇風機だけ)。今日は、くもりがちだが天気予報を見ると31度と…なんで〜。
そして、9時過ぎにシーバス釣行に出発。途中釣場はどこにするか悩んだが、運命の東京駅京葉線ホームにて次は快速か、旧江戸川に向けて快速電車に乗るが…まだ悩んでる。N氏も来てるかもしれないので、やっぱり各駅に乗り換え葛西臨海公園と決めた。
そして、潮位の方が着く頃には水路が干上がってるということで、今日は水路1本での勝負となる。しかし、葛西臨海公園について渚橋に向かうと「あれ?、水路が干上がってない」。荒川でも釣査できるということで良かったのか悪かったのか?😅。
●葛西臨海公園
-2.jpg
IMG_20200627_105109.jpg
荒川寄りの木陰でタックルの準備に取りかかり、タモ50cm枠、ロッド(クロスビート864TMLFS)、リール(ルビアスⅡ)、ラインPE0.8号(デュエル(DUEL) Super X-wire 4)、リーダーフロロ3号、ルアーはジグパラ7gブルーピンクをチョイス。ここも迷うところであったが、ロストしてもショックが小さいものでとりあえず様子見である。

水没中の水路も何だかアングラーが多かったが、実際に釣りになるのか?干上がり待ちなのか。荒川側はさらにアングラーが多く、ちょっと出遅れたか?。鉄火場付近が空いていたので、今日はこの辺から釣査ラン&ガンしてみることに😤。
潮位は水路側が干上がりそうなくらいなのでとっても低いはず(でも7gチョイス)。最初はロッドを立ててキャスト&リトリーブしてみてた。しばらく繰り返したが反応はない。ロッドを下げて根掛かりに気をつけてキャスト&リトリーブ、これでも反応はなかった😓。
ちょっと鉄火場付近に移動。同じように探るがここも反応なし。根掛かってルアーロストしないうちにとっとと移動した😅。

角付近に移動して来て、いつもの付近は先客がいたので水路寄りでキャスト&リトリーブを再開。潮位は下がっていたのでジグパラ5gピンクとシングルフックにチェンジ。そして同じように最初はロッドを立てキャスト&リトリーブ、何投目かで「ググーン」とロッドが重くなり聞いてみるとグングンと今日初ヒット!😍。
やりとりしてるとエラ洗いしてシーバスを確認。そろそろ…かな?、と慎重に寄せてランディング態勢、ネットを取ろうと少しまごついていると「フッ」…「あ゛〜、ついにバレた」けど😭、もしかしてロッドのせいか?。

その後、二匹目はダメ。辺りをちょこちょこ移動して探るがなかなかヒットは出なかった。潮位もさらに下がって来たのでもう水路に移動するとして、もう一度さっきヒットした釣座に戻ってキャスト&リトリーブを再開すると「グーン」って「ヤバッ、根掛かった?」と思ったらグイグイと生命反応があるではないか「2回目のヒット😍」。これまた慎重にやりとりしてランディングに漕ぎ着け、今度はネットはスムーズに伸びて、ネットも護岸に引っ掛からず、無事にネットイン成功😊。
●1号シーバス
IMG_20200627_121043.jpg
リリースしてこれでいつでも帰れると余裕(水路も残ってるし)だったが😤。
リーダーの連結部分にPEがダマになってしまって…これで荒川側は撤収して、水路へ移動して昼食のついでに直すこととした。
しかし、水路側に来てみるとまだ完全に干上がってなかった。釣座は今日は下流側にしようと思っていたので、まず昼&リーダーを直してから釣査は再開することとした。

そして、たかが昼食&リーダー修復の15分くらいで済んでしまったので、足場が滑らないカキ殼サクサクの足場を選んで釣査再開した。
水路はやけに澄んでいて水中がよく見えるけど。また、ルアーをジグパラ7gブルーピンクに変えて、ロッドを立ててのキャスト&リトリーブからスタート。
…今日は反応がまるでない。ベイトもシーバスらしき気配も感じない。少しずつ干上がり部分が多くなって来たので、こっちも釣座をその都度移動してみた。でも、反応はなくダメなようだ😓。
さらに陽射しも出て来て暑くなって、おまけに釣れない…いつまでモチベーションが続くか😥。N氏もいないようなので旧江戸川の方が良かったか(笑)。でも、1ゲット貯金があるので釣れなくてもいい😇とまだモチベーションはあった。

次にロッドを下げてキャスト&リトリーブしていると、気のせいと思えるくらいの何が掛かった。見るとルアーとほぼ同じサイズの小アジのようなチーバスで当然スレていた(写真は撮らずリリース)。
そして、お次は「ククッ、グーン」とヒット?、ごみ?。ただ重いだけで寄せて来ると何とビックリ、目視1mくらいのシーバスだけどまた死に損ない?、のようで全然抵抗しないがゆっくりとは泳いでいた。しかし、背中スレですぐにフックアウトで一安心😅。初めて見たあんなデカイシーバス。でも、まだ下流側で水面を流れに向かってゆっくり泳いでいるが…(ご武運を)😇。

その後、魚の反応は全くなく、水路上流の心中ポイントに向かってラン&ガンしながら移動することにした😢。心中ポイントに到着したが、結局全然反応もなかった😩。

心中ポイント付近でキャスト&リトリーブを続けたが、魚の反応も全くなく、シーバスはいないようだ。
さらに午後15時を回り遊漁船期間ラッシュ、今のうちに水分を追加購入して来て(自販機前で並んだ😳)、とりあえず17時までキャスト&リトリーブをがんばったが、今日は水路には釣れる魚が入ってこないようで時間が来たので釣査終了とした😵。

ほんと今日は釣れる釣れない以前に暑くてぶっ倒れるかと思った。もう水分は1L水筒持参ですね〜荷物が重いけど。
●釣果表
スクリーンショット 2020-06-27 21.03.59.png

もう、冷房使おうかな〜

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

フィッシュイーター
2020年06月29日 09:44
ゲットおめでとうございます。夏場は昼間暑いのでよく夜釣りをしてたことを思い出しました。スズキはドジョウをエサにして釣っていましたね~。少し前の某釣り番組では橋の下で照明の明かりがある所と暗い部分の境目を狙っていましたがルアーはわかりませんがエサの場合は明かりは関係ないように感じてました。今年も猛暑の予想なので熱中症など気を付けてください。また去年のように穴に落ちてケガなどしない様に!
ひまつぶし
2020年06月29日 12:58
>フィッシュイーターさん
>ありがとうございます。
いやいや、ルアーも橋脚などの明暗は重要ポイント要素らしいです(自分は夜釣りはしないけど)。
夜釣りは基本的に蚊やブヨ(ヌカカ)がいるので遠慮です(体質上あまり蚊には刺されませんが)。ただ、日中の延長での半夜釣り(18~21時)は昔やりましたが(浮きフカセ)。
さらに、子供頃にさんざん友達とテントを張って朝までがんばった時もありましたが、真夜中は釣れなかったです(川の話)。
ほんと夏暑くなると、釣りって冬の方が向いてるとつくづく思います。